平成22年3月2日
会員 各位
社団法人 日本病院薬剤師会



ジスチグミン臭化物錠の「用法及び用量」の一部変更等について


 ジスチグミン臭化物錠については、「コリン作動性クリーゼ」の発現を防止するため、安全対策として「手術後及び神経因性膀胱などの低緊張性膀胱による排尿困難」について「用法及び用量」を一部変更することが平成22年2月26日に開催された薬事食品衛生審議会医薬品第一部会に報告され、3月1日に承認されました。
 また、これを受けて「警告」の新設等「使用上の注意」が改訂されました。
 会員各位におかれましては、関係者に情報提供、周知して頂きますようお願い申し上げます。


改訂後 (下線_部:追加改訂箇所)
改訂前
【用法及び用量】
1. 手術後及び神経因性膀胱などの低緊張性膀胱による排尿困難
ジスチグミン臭化物として、成人1日5mgを経口投与する。
2. 重症筋無力症

ジスチグミン臭化物として、通常成人1日5〜20mgを1日1〜4回に分割経口投与する。なお、症状により適宜増減する。
【用法及び用量】
ジスチグミン臭化物として、通常成人1日5〜20mgを1〜4回に分割経口投与する。
なお、症状により適宜増減する。

ジスチグミン臭化物錠5mg
ウブレチド錠5mg(鳥居薬品)
ウブテック錠5mg(大正薬品工業)
ジスチグミン臭化物錠5mg「タイヨー」(大洋薬品工業)











Copyright © JSHP. All rights reserved.