平成22年11月5日
会員 各位
社団法人 日本病院薬剤師会




肺炎球菌ワクチン誤接種防止対策について
(医療機関等への注意喚起及び周知徹底依頼)



 厚生労働省は、平成22年10月29日付けで医政局総務課長、医薬食品局安全対策課長の連名で各都道府県衛生主管部(局)長等に「肺炎球菌ワクチン誤接種防止対策について(医療機関等への注意喚起及び周知徹底依頼)を通知しました。
 この通知は、肺炎球菌ワクチンである「ニューモバックスNP」、「プレベーナ水性懸濁皮下注」は、接種対象者が異なっておりますが、それぞれ接種対象者ではない者へ接種が行われた事例が複数報告されたことから、接種対象者ではない者への接種については、十分な効果が得られないことと、安全性の観点から、誤接種防止のための留意事項を示し、医療機関等への注意喚起と周知徹底を依頼したものです。
 会員におかれましては、別添の通知をご覧戴き、関係者に情報提供するとともに周知していただきますようお願い申し上げます。











Copyright © JSHP. All rights reserved.