平成23年1月13日
会員 各位
社団法人 日本病院薬剤師会




「アログリセムカプセル25mg」と「ネシーナ錠」の誤処方防止について(注意喚起)



 今般、MSD株式会社と武田薬品工業株式会社は、高インスリン血性低血糖症治療剤の「アログリセムカプセル25mg」と2型糖尿病治療剤「ネシーナ錠」(一般名:アログリプチン安息香酸塩)について、薬剤オーダリングシステムで処方オーダする際に、「アログ」または「アログリ」と入力すると販売名「アログリセムカプセル」と一般名「アログリプチン安息香酸塩(販売名:ネシーナ錠)」が選択され、誤って処方される可能性があることを指摘いたしました。アログリセムカプセルは、主に小児の「高インスリン血性低血糖症」に用いられる薬剤であり、作用は「ネシーナ錠」と逆で血糖値を上げるために用いる薬剤ですが、アログリセムカプセルを投与すべき患者に,誤ってネシーナ錠が投与されると大変危険です。
 薬剤オーダリングシステムは、薬剤名の入力は販売名・一般名のどちらでも処方オーダが可能なシステムもあることから、両社はMRを通して医療機関に誤処方防止について別添の文書を配布して注意喚起を図っております。会員におかれましては、別添の文書をご覧戴き、関係者にこの旨を周知して戴きますようお願い申し上げます。
 また、薬剤オーダリングシステムを導入されている医療機関においては、このような誤処方を防止するために何らかの措置をご検討いただければ幸いです。













Copyright © JSHP. All rights reserved.