平成23年3月7日
会員 各位
社団法人 日本病院薬剤師会



「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」について(日本製薬工業協会)



 日本製薬工業協会は、3月2日付けで医療機関や医療従事者等に支払った金銭等の情報を開示する「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」を公開しました。
 このガイドラインでは、研究費、臨床試験費や寄附金,講師謝金、原稿執筆料、講演会費用等が公開対象となっております。研究費は年間の総額、寄附金や講師謝金、講演会の費用は大学名・医療機関名だけでなく、個人名と金額も開示して、2012年度の実績を2013年度から公開することとしております。
 これに伴い、日本製薬工業協会の会員会社では、2012年度から本ガイドラインを参考にして自社の「透明性に関する指針」を策定し、自社における行動基準とします。
 なお、会員会社の情報公開の方法は自社のWebサイト等を通して行います。
 具体的には、自社製品に関する科学的な情報提供を目的として行った講演会、説明会等で講師として講演をした場合などには、講師謝金の金額、個人名(施設名&役職)が会員各社のWebサイト等に公開されることになります。
 会員各位は、別添の「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」をご覧いただき医師・薬剤師等の関係者に情報提供して下さい。














Copyright © JSHP. All rights reserved.