平成23年4月5日
会員各位
社団法人 日本病院薬剤師会



被災地の現状とボランティア応募のお願い



 東日本大震災とそれに続く大津波による被害、福島第一原子力発電所の炉心溶融などにより、いまだに多くの被災者が困難な状況におかれております。被災地の医療現場は最大限の対応を行っておりますが、薬剤師の数が足りず深刻な状況となっております。

 本会では、3月17日(金)付けで本会のホームページで被災地の医療活動に従事する薬剤師ボランティアを募集し、現在(4月5日13時)までに118名の方から応募があり、派遣先と活動開始の日程調整が済んだ方から順次、被災地へ派遣しております。被災地のためにボランティアに応募していただきました皆様に御礼申し上げます。

 被災地のライフライン及び公共交通機関の復旧が遅れていることから、現時点では食糧及び宿泊を自己で十分な準備ができ、自家用車またはレンタカーにより自力で移動を行うことができるボランティアを被災地に派遣しております。現場では薬剤師の職務の重要性からできる限り移動日を含め1週間程度の活動が求められております。

 薬剤師ボランティアによる医療活動支援は長期間実施することを予定しており、早ければ4月中に東北新幹線の復旧が見込まれていることから、派遣先の状況も異なってくるものと存じますが、現時点でのボランティア派遣は上記の様な状況となっております。

 最後に、ボランティアを完了された薬剤師、被災地及びその周辺の医療機関に従事する薬剤師は、現状を都道府県病院薬剤師会及び本会にお寄せ下さいますようお願いいたします。





日病薬発第22-406号
平成23年3月17日
会員各位
社団法人 日本病院薬剤師会
会長 堀内 龍也


東北関東大震災の対応について
〜薬剤師ボランティアの募集について〜



 平成23年3月11日(金)に発生した未曽有の大惨事である東北関東大震災(東北地方太平洋沖大地震)で犠牲になられた方々へのお悔やみと被災された方々への心からのお見舞いを申し上げます。
 東北関東大震災レポートでもお伝えしましたとおり、被災地では、壊滅的な被害で、石巻赤十字病院等では3交代制でシフトを組み、多数の負傷者・患者に対応しており、不眠不休の状態が続いている状況です。
 このような状況は長期化することが予想されます。各病院から派遣される医療チームに薬剤師が参加するよう病院団体等にも要請しておりますが、被災地の病院でも薬剤師不足が生じております。そこで、本会では、薬剤師ボランティアを募集します。
 つきましては、積極的にボランティアに参加して下さるよう要請します。ボランティアにご参加いただける方は、下記要領をご確認のうえ、ご登録をお願いいたします。





  1. 対象者
    以下の@〜Dのすべてを満たすことができる方。
    @本会負担でボランティア保険に加入していただきますので、病院・診療所に従事している薬剤師または実務経験がある薬剤師で、日本病院薬剤師会会員であること。
    A施設長および所属長に許可が得られること。
    B現地での業務に耐えうる健康状態にあること。
    C被災地に迷惑をかけられませんので、現地までの交通手段および宿泊を自分で確保できること(寝袋を準備できる等)。
    D現地に滞在する間の食事・水等を自分で持参できること。

  2. 派遣先
    派遣地域は以下のa.〜e.になる予定です。具体的な派遣現場につきましては、関係病院薬剤師会等と関連行政機関等との調整により決定されることになりますので、予めご了承ねがいます。
     a.青森県内, b.岩手県内, c.宮城県内, d.福島県内, e.茨城県内

  3. 派遣先での業務内容
    病院の薬剤部または避難所における医療チームの中で薬剤師業務を行っていただく予定です。

  4. 派遣期間
    派遣期間については応募者のご希望等を踏まえた上で調整いたしますが、出来る限り長期(概ね3泊4日以上)のご協力をおねがいします。

  5. 応募方法
    (1) 以下のアイコンをクリックしてボランティア登録名簿.xlsをダウンロードして下さい。

    ボランティア登録名簿(EXLファイル)

    (2) ダウンロードしたエクセル表(ボランティア登録名簿.xls)に必要事項をご入力いただき、災害対策本部(honbu@jshp.or.jp)にメールをお送りください。

  6. 留意事項
    ・ボランティアに登録された場合、日本病院薬剤師会ボランティア保険に加入いただきます。保険料について本会が負担しますので、個人負担はございません。
    ・薬剤師であることを証明できるもの(勤務先における身分証等)を必ず持参してください。

  7. 応募いただいたその後の流れ
    (1) 応募いただいた方の情報を派遣地域の県病院薬剤師会に連絡し、薬剤師会・関連行政機関等と調整のうえ、派遣先を決定いたします。
    (2) 派遣先が決まりましたら、登録された電話またはメールにて本会よりご連絡いたします。
    (3) 連絡を受けたら、ご自身で派遣先に行き、担当者を訪ねて下さい。
    (4) ボランティアが終了したら、氏名、所属名、終了日を記載したメールを災害対策本部(honbu@jshp.or.jp)にお送り下さい。












Copyright © JSHP. All rights reserved.