平成23年4月6日
会員 各位
社団法人 日本病院薬剤師会



東日本大震災への対応 第21報
厚生労働省医薬食品局長通知
「継続的な薬剤師の派遣とお薬手帳の配布(依頼)」



 厚生労働省医薬食品局長より、平成23年4月5日付けで本会に対して「継続的な薬剤師の派遣とお薬手帳の配布(依頼)」(別添1)の通知が出されました。

 本通知は、被災地に派遣されている薬剤師の評価が高く有用であり支援が長期化されることが予想されるので、本会に対し被災地への薬剤師ボランティアを継続的に派遣すること及び避難所等の方々の服薬管理のために大変有用であると評価され活用されているお薬手帳を確保し、被災地の患者に配布することを依頼しているものです。

 本会では、3月17日より被災地の医療活動に従事する薬剤師ボランティアの募集を開始し、4月6日現在120名が登録しており、既に36名(延べ251名以上)が派遣されております。被災現場への支援は長期に及ぶことが予想され、現場からの強い要請がありますので、これからも多くのボランティアの方々の参加を要請いたします。

 また、被災地ではお薬手帳を紛失している被災者が多く、避難所等において交代で医療チームが活動する中でもお薬手帳は継続的な服用管理に非常に有用であります。岩手県病院薬剤師会・宮城県病院薬剤師会・石巻市役所を通じて本会より既に7000部のお薬手帳をお送りしており、さらに30,000部増刷中です。

 会員各位には、本通知の主旨をご理解くださるようお願い致します。












Copyright © JSHP. All rights reserved.