平成23年4月6日
会員 各位
社団法人 日本病院薬剤師会



新型インフルエンザ(A/H1N1)に係る季節性インフルエンザ対策への
移行に伴う通知等の廃止について
(平成23年3月31日付け厚生労働省保険局医療課長通知)



 平成23年3月31日付けで厚生労働省保険局医療課長より、「新型インフルエンザ(A/H1N1)に係る季節性インフルエンザ対策への移行に伴う通知等の廃止について」の通知が発出されました。

 平成21年に発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)については、厚生科学審議会感染症分科会感染症部会での了承を受け本年3月31日に「新型インフルエンザ等感染症」と認められなくなった旨の公表が行われました。通常のインフルエンザ対策に移行することにより、新型インフルエンザ対策として発出された「新型インフルエンザに関連する診療報酬の取扱いについて」(平成21年5月26日事務連絡)、「新型インフルエンザの流行に伴う診療報酬上の臨時的な取扱いについて」(平成21年9月14日保医発0914第1号)、「新型インフルエンザに係る保険医療機関の時間外診療等について」(平成21年9月15日保医発0915第2号)を、平成23年3月31日付で廃止することを示したものです。

 会員各位は、別添の通知をご覧戴き、医師,薬剤師等の関係者に情報提供するとともに周知して下さい。












Copyright © JSHP. All rights reserved.