平成23年4月13日
会員 各位
社団法人 日本病院薬剤師会



東日本大震災への対応 第25報
厚生労働省医政局経済課、保険局医療課事務連絡
「経腸栄養剤の適正使用に関するお願いについて(その2)」



 厚生労働省医政局経済課、保険局医療課より、平成23年4月13日付「経腸栄養剤の適正使用に関するお願いについて(その2)」(別添1)の事務連絡が出されました。

 経腸栄養剤「エンシュア・リキッド」(250mL 缶入)及び「エンシュア・H」(250mL 缶入)は、缶容器を製造・供給する工場が被災したために製造が一時中断していることにより、経腸栄養剤(医薬品)全体が不足している状況が想定されます。

 厚生労働省医政局経済課、保険局医療課より、4月1日付けで「経腸栄養剤の適正使用に関するお願いについて」が出されておりますが、本事務連絡は、再度、厚労省より経腸栄養剤(医薬品)は、本当に必要な患者に最優先して使用し、医療食等を用いた食事療養を行うことが可能な入院患者は出来る限り院内での食事療養費で対応をし、医療食への切り替えにより自己負担が増大する在宅療養患者等に優先的に使用することの協力を求めているものです。

 会員各位は、本事務連絡をご覧いただき、関係者に周知徹底して下さいますようお願い申し上げます。

 なお、本製剤は発売元であるアボットジャパン株式会社より、新しい缶での製造準備を進めており、再出荷は平成23年5月下旬を予定しているとのことですが、当面の間長期処方の自粛等についてご協力をお願いいたします。












Copyright © JSHP. All rights reserved.