平成23年7月25日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会


ワンタキソテール点滴静注の適正使用について



 タキソイド系抗悪性腫瘍剤である「ワンタキソテール点滴静注20mg/1mL、80mg/4mL」(以下、本剤)(製造販売元:サノフィ・アベンティス株式会社)は、平成23年7月21日に発売されました。
 また、同社は、本剤と有効成分が同一で「効能・効果」、「用法・用量」が同じ製剤の「タキソテール点滴静注用20mg、80mg」を既に発売しており、医療機関で使用されております。
 本剤は、溶解液との混和調製が不要な製剤ですが、タキソテール点滴静注用と異なる点は次のとおりです。

@ 有効成分のドセタキセル濃度は、ワンタキソテール点滴静注の方が2倍。
このため、ワンタキソテール点滴静注の抜取り量は、タキソテール点滴静注用の半量となる。

A ワンタキソテール点滴静注は、エタノールを予め含有しており、タキソテール点滴静注用は、添付溶解液にエタノールを含有している。また、エタノール含有量もワンタキソテール点滴静注の方が約2.2倍。

 今般、本剤の発売により、タキソテール点滴静注用と本剤を混在して使用する施設においては、注射剤の取り違え、投与量の間違いなどの医療事故に繋がる可能性があるので、本剤の使用に当たっては、十分に留意しなければなりません。
 また、医療事故防止の観点からも、タキソテール点滴静注用を使用している施設においては、在庫が無くなり次第、本剤に切り替えるなどの検討が必要と考えます。

 会員各位は、別添1〜3をご覧いただき、医師、薬剤師等の関係者に情報提供するとともに、本剤の適正使用には十分に留意するようお願いします。











Copyright © JSHP. All rights reserved.