平成23年8月9日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会


日本病院団体協議会は次回診療報酬改定で薬剤師の病棟専任配置を要望



 日本病院薬剤師会は「薬剤師の病棟配置に関する評価」を最重点要望事項として次回診療報酬改定に向けて要望することとしていますが、これに先立ち、日本病院団体協議会は、平成23年7月29日に次回診療報酬改定の要望書を厚生労働省外口保険局長に提出しました。この提出された要望書の中に「7.チーム医療の評価(医療各職種の病棟配置)」が含まれておりますのでご報告いたします。

 本項目の内容は以下のとおり。

 7.チーム医療の重要性が論じられているが、各病棟においては既に様々なチーム医療が行われている。そのため、薬剤師・リハスタッフ・管理栄養士・社会福祉士・臨床工学技士・精神保健福祉士、等の病棟配置に対する加算評価を要望する。その場合、療養病床や精神病床等、急性期以外の病棟に対しても適切な評価を行うとともに、効率的な病院運営の観点から、専従ではなくチームの一員として専任配置とすることを要望する。









Copyright © JSHP. All rights reserved.