平成23年8月12日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会


インフルエンザワクチンの安定供給対策について



 厚生労働省は、平成23年8月8日付で健康局結核感染症課長及び医薬食品局血液対策課長から本会会長宛に「インフルエンザワクチンの安定供給対策について」(別添1)を通知しました。また、同日付けで医政局経済課長、健康局結核感染症課長、医薬食品局血液対策課長から各都道府県衛生主管部(局)長宛に「インフルエンザワクチンの安定供給対策について」を通知しました。

 本会会長宛の通知は、平成23年7月29日に開催された「インフルエンザワクチン需要検討会」において、今年度のインフルエンザワクチンの需要予測と安定供給対策の検討結果について、本会の会員施設等に周知徹底するよう求めたものです。
 一方、各都道府県衛生主管部(局)長宛の通知は、同検討会での検討結果について、各都道府県内の関係者への周知等を進めることと、予防接種の実施主体である市区町村及び医療機関に対し適切な指導、情報提供等を行うよう指導したもので、今年度のワクチン製造予定量、医療機関等がワクチンを予約、注文する際には原則として昨年の使用実績を超えないようにする事などの留意事項が示されております。

 会員におかれましては、別添1及2の通知をご覧戴き、医師、薬剤師等の関係者に情報提供するとともに、周知していただくようお願い申し上げます。










Copyright © JSHP. All rights reserved.