平成23年10月24日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会



「チャンピックス錠」服用中の意識障害等と自動車運転事故の報告について


 α4β2ニコチン受容体部分作動薬(禁煙補助薬)「チャンピックス錠0.5mg,1mg」(製造販売:ファイザー株式会社)は、本剤を服用中の患者が自動車を運転中に、めまい、傾眠、意識障害等が発現し運転事故に至ったとする事例が報告されています。

 ファイザー株式会社は、自動車等の運転については、2011年7月に添付文書を改訂して、“本剤服用中の患者で自動車事故に至った例”及び“自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること”を追記し、注意喚起を行いましたが、この情報提供以降にも、本剤を服用中の患者で自動車事故の報告があったので、今回、改めて情報伝達を行いました。

 本剤を処方、調剤する際には、患者に対して“自動車の運転等危険を伴う機械操作はしない”よう必ず服薬指導を行うことなどの注意事項を患者に伝達することが必要です。

 会員各位は、別添1(「チャンピックス錠」についての重要なお願い)、別添2(「使用上の注意の改訂のお知らせ」、別添3(使用上の注意)、別添4(「チャンピックス錠」の服用のしかた)をご覧いただき医師、薬剤師等の関係者に情報提供するとともに、注意喚起を促していただくとともに、「チャンピックス錠0.5mg,1mg」の適正使用に務めていただくようお願いします。















Copyright © JSHP. All rights reserved.