平成23年12月12日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会



ゲフィチニブ製剤の薬事法上の効能・効果等の変更に伴う留意事項通知の一部改正について
(平成23年11月25日付)



 厚生労働省は、平成23年11月25日付で保険局医療課長から地方厚生(支)局医療課長等宛に「ゲフィチニブ製剤の薬事法上の効能・効果等の変更に伴う留意事項通知の一部改正について」を通知しました。
 この通知は、平成23年11月25日付で薬事法の規程に基づき、承認事項の一部変更承認がなされ、ゲフィチニブ製剤の効能・効果「手術不能又は再発非小細胞肺癌」は、「EGFR遺伝子変異陽性の手術不能又は再発非小細胞肺癌」に変更されたので、本剤に係る保険適用上の取扱いに係る留意事項の一部を改正し、同日付けで適用したことと取扱いに遺漏のないよう、保険医療機関、審査支払機関等に周知徹底するよう指導したものです。

 会員におかれましては、別添の「ゲフィチニブ製剤の薬事法上の効能・効果等の変更に伴う留意事項通知の一部改正について」(通知)をご覧戴き、医師及び薬剤師等の関係者に情報提供するとともに周知して戴き、ゲフィチニブ製剤の適正使用に努めて下さるようお願いします。









Copyright © JSHP. All rights reserved.