平成24年2月10日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会
会長  堀内 龍也


平成24年度診療報酬改定について(速報)


 平素より本会の活動にご高配を賜り御礼申し上げます。
 さて、本日、中央社会保険医療協議会は、平成24年度の診療報酬改定案をまとめ、小宮山洋子厚生労働大臣に答申いたしました。
 つきましては、病院・診療所薬剤師関係について、その概要を取りまとめましたのでお知らせいたします。
 特に、日病薬の最重点要望事項である「薬剤師の病棟における業務に対する評価の新設」では、「病棟薬剤業務実施加算」が入院基本料の加算として新設され、全病棟に週に20時間以上(薬剤管理指導業務の時間は別に)薬剤師を配置すること等を算定要件として100点/週の評価となりました。
 療養病床、精神病床は入院後の4週間を限度とする制限がつきましたが、全病院が算定対象になったことは極めて画期的であります。より詳細については、後日、発出される留意事項通知等で周知される予定です。
 なお、「薬剤管理指導料」と「病棟薬剤業務実施加算」とは別途に算定されるので、両者を明確に区別しておく必要があるため、本会では『病棟薬剤業務実施ガイドライン』を現在策定中であることを申し添えます。













Copyright © JSHP. All rights reserved.