平成24年2月10日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会



公知申請に係る事前評価が終了した医薬品の保険上の取扱いについて


 厚生労働省保険局より、平成24年1月27日付、平成24年2月1日付、通知「公知申請に係る事前評価が終了した医薬品の保険上の取扱いについて」が出されました。

 前者の通知は、本年1月27日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会において、4成分21品目について追加された効能・効果、用法・用量が、同日より保険適用が可能となったことを示すものです。

一般名
公知とされた効能・効果等の概要
アムロジピンベシル酸塩
《小児適応の追加》 高血圧症
エナラプリルマレイン酸塩
バルサルタン
リシノプリル


 後者の通知は、本年2月1日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会において、2成分5品目について追加された効能・効果、用法・用量が、同日より保険適用が可能となったことを示すものです。


一般名
公知とされた効能・効果等の概要
スルファメトキサゾール・トリメトプリム
<適応の追加>
(適応菌種)
ニューモシスチス・イロベチー
( 適応症)
ニューモシスチス肺炎、ニューモシスチス肺炎の発症抑制※
※ ニューモシスチス肺炎のリスクを有する患者が対象
メトロニダゾール
<適応の追加>
・アメーバ赤痢
・ランブル鞭毛虫感染症
・嫌気性菌感染症
(適応菌種)
本剤に感性のペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属、ポルフィロモナス属、フソバクテリウム属、クロストリジウム属、ユーバクテリウム属
(適応症)
外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、深在性皮膚感染症、骨髄炎、肺炎、肺膿瘍、腹膜炎、腹腔内膿瘍、肝膿瘍、骨盤内炎症性疾患、脳膿瘍
・感染性腸炎
(適応菌種)
本剤に感性のクロストリジウム・ディフィシル
(適応症)
感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む)


会員各位は、本通知をご覧いただき、関係者に情報提供するとともに周知していただきますようお願い申し上げます。











Copyright © JSHP. All rights reserved.