平成24年3月22日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会



「血漿分画製剤の供給のあり方に関する検討会」最終報告書について


 厚生労働省は、平成24年3月13日付で医薬食品局血液対策課長から、本会会長宛に「血漿分画製剤の供給のあり方に関する検討会」最終報告書について」(別添)を通知しました。この通知は、厚生労働省が平成22年11月に安全な製剤の安定的な供給が可能な体制の構築を図ることを目的とし、「血漿分画製剤の供給のあり方に関する検討会」を設置し、血漿分画製剤の国内自給や供給体制等に係る諸問題について検討を行ってきましたが、今般、最終報告書がまとまり、公表したので、本会の会員にこの旨を周知するよう要請したものです。
 会員におかれましては、「血漿分画製剤の供給のあり方に関する検討会最終報告書」をご覧戴き、医師、薬剤師等の関係者に情報提供するとともに周知して戴くようお願いします。
 血漿分画製剤の供給のあり方に関する検討会最終報告書は、下記のURLをクリックしてご覧下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000024c45-att/2r98520000024c8i.pdf









Copyright © JSHP. All rights reserved.