平成26年10月30日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会



アセトアミノフェン(医療用医薬品)の「使用上の注意」の改訂について
(平成26年10月21日付 安全対策課長通知)



 厚生労働省は、平成26年10月21日付で医薬食品局安全対策課長から日本製薬団体連合会安全性委員会委員長宛に、アセトアミノフェン(医療用医薬品)の「使用上の注意」の改訂(別添1)を通知しました。

 この通知は、添付文書の「警告」等に、アセトアミノフェンを含む他の製剤との併用を避けるべきである旨を注意喚起しておりますが、他のアセトアミノフェン含有製剤医薬品との併用を避けることを徹底させるため、アセトアミノフェン(医療医薬品の単味製剤)について「使用上の注意」を改訂し、医薬関係者等への情報提供等の必要な措置を講じるよう関係業者に対し周知徹底するよう指導したものです。

 一方、アセトアミノフェン含有製剤である「カロナール錠200,同300」の製造販売元である昭和薬品化工株式会社では、医療機関に「カロナールとアセトアミノフェンを含む他の製剤との併用による過量投与について」(別添2)、「アセトアミノフェン(医療用医薬品)の「使用上の注意」の改訂及びアセトアミノフェン高含有製剤の包装表示のお知らせ」(別添3)を配布して情報提供を行ない、適正使用に務めています。

 なお、昭和薬品化工株式会社によると、カロナール錠200,同300に加えて新たにアセトアミノフェン500mgを含有する「カロナール錠500」(平成26年9月26日製造販売承認取得)が12月初旬に発売される予定となっております。

 会員におかれましては、別添1の「アセトアミノフェン(医療用医薬品)の「使用上の注意」の改訂について」(通知)と別添2及び別添3をご覧戴き、医師及び薬剤師等の関係者に情報提供するとともに周知して戴き、アセトアミノフェン含有製剤であるカロナール錠200,同300等の適正使用に努めて戴くようお願いします。











Copyright © JSHP. All rights reserved.