平成27年9月3日
会員 各位
一般社団法人 日本病院薬剤師会



B型慢性肝疾患治療薬「テノゼット錠300mg」の出荷調整について(情報提供)



 B型慢性肝疾患治療薬である「テノゼット錠300mg」(グラクソ・スミスクラインン株式会社)は、中国天津の工場で製造されておりましたが、平成27年8月12日に発生した中国天津での倉庫爆発事故によって、製造している工場が被災したため、現在本剤の製造および出荷が停止しております。

 グラクソ・スミスクラインン株式会社では、この事故により、日本国内での本剤の供給が不足していることから、MRが医療機関等を訪問し、「中国天津倉庫爆発事故によるGSK天津工場被災に伴うB型慢性肝疾患治療薬「テノゼット錠300mg」出荷調整のお知らせ」(別添1)及びテノゼット錠を処方している医師には「「テノゼット錠300mg」出荷調整に関するご協力のお願い」(別添2)を配付するとともに、出荷調整に関わる幾つかの事項について依頼するなど、速やかに安定供給が再開できるよう取り組んでおります。

 会員におかれましては、別添1及び別添2をご覧戴き、B型慢性肝疾患治療薬「テノゼット錠300mg」の出荷調整に関する同社の対応を医師及び薬剤師等に情報提供するとともに、併せて本剤の適正使用についても周知して戴きますようお願いします。

 なお、本件については下記に直接お問い合わせくださるようお願いします。


カスタマー・ケアセンター  TEL 0120−561−007
(9:00〜18:00/土日祝日及び休業日を除く)











Copyright © JSHP. All rights reserved.