平成28年10月20日
会員 各位

一般社団法人 日本病院薬剤師会



ワルファリンカリウム及びアゾール系抗真菌剤(経口剤・注射剤)の
「使用上の注意」の改訂について(平成28年10月18日付通知)



 厚生労働省は、平成28年10月18日付で医薬・生活衛生局安全対策課長から日本製薬団体連合会安全性委員会委員長宛に「使用上の注意」の改訂について(別紙)を通知しました。
 この通知は、ミコナゾールとワルファリンカリウムとの相互作用による出血や血液凝固能検査値の変動(PT-INR増加)に関して、平成25年度以降重篤な出血関連症例が41例集積しており、今般、ミコナゾール(経口剤・注射剤)について、ワルファリンカリウムを「併用禁忌」とするよう当該医薬品の製造販売業者に、使用上の注意の改訂を指示したものです。また、ミコナゾール以外のアゾール系抗真菌剤(経口剤・注射剤)についても、ワルファリンとの併用に関する注意喚起を追記するよう当該医薬品の製造販売業者に、使用上の注意の改訂を指示したものです。
 会員におかれましては、別添の通知をご覧いただき、医師及び薬剤師等の関係者に情報提供するとともに周知していただき、当該医薬品の適正使用に努めていただくようお願いいたします。









Copyright © JSHP. All rights reserved.