平成29年1月12日
会員 各位

一般社団法人 日本病院薬剤師会



パウダー付き医療用手袋に関する取扱いについて
(平成28年12月27日付通知)



 厚生労働省は、平成28年12月27日付で医薬・生活衛生局医療機器審査管理課と安全対策課の連名で各都道府県衛生主管部(局)長宛に「パウダー付き医療用手袋に関する取扱いについて」(別紙)を通知しました。
 今般、米国食品医薬品局(FDA)が、医療用手袋に付いているパウダー(コーンスターチ等)が安全性上のリスク要因になりうるとして、パウダー付き医療用手袋の流通を差し止める措置をとることを発表しました。日本においても、従来から関係業界においてパウダーが付いていない医療用手袋への切替えを進められており、今回のFDAの措置を受け、日本グローブ工業会は、厚生労働省に対して、パウダーフリー手袋への供給切替えの強化に取り組むことを報告しております。
 この通知は、一層の安全性確保の観点から、パウダーフリー手袋への供給切替えを促すため、パウダー付き医療用手袋の取扱い、情報提供等の実施について定め、その内容を会員に対して周知するよう依頼したものです。
 会員におかれましては、別添の通知「パウダー付き医療用手袋に関する取扱いについて」をご覧いただき、医師及び薬剤師等の関係者に情報提供するとともに周知していただくようお願いいたします。










Copyright © JSHP. All rights reserved.