平成29年2月16日
会員 各位

一般社団法人 日本病院薬剤師会



ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤及びペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の
最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌及び悪性黒色腫)について
(平成29年2月14日付通知)



 厚生労働省は、平成29年2月14日付で医薬・生活衛生局審査管理課長から本会会長宛に「ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤及びペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌及び悪性黒色腫)について」を通知しました。
 今般、ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤(販売名:オプジーボ点滴静注20mg,100mg 製造販売元:小野薬品工業株式会社)及びペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤(販売名:キイトルーダ点滴静注20mg,100mg 製造販売元:MSD株式会社)について、非小細胞肺癌又は悪性黒色腫に対して使用する際の留意事項が別添のとおり最適使用推進ガイドラインとして取りまとめられました。
 この通知は、ニボルマブ製剤及びペムブロリズマブ製剤の使用に当たっては、本ガイドラインに留意されるよう、本会会員に対し周知するよう要請したものです。
 また、保険局医療課長から、同日付で「抗PD-1 抗体抗悪性腫瘍剤に係る最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項について」があわせて通知され、当該医薬品の保険適用上の留意事項を周知するよう要請したものです。
 会員におかれましては、別添の通知をご覧いただき、医師及び薬剤師等の関係者に情報提供するとともに周知していただき、当該医薬品の適正使用に努めていただくようお願いいたします。











Copyright © JSHP. All rights reserved.