平成29年2月20日
会員 各位

一般社団法人 日本病院薬剤師会



卸売販売業者及び薬局における記録及び管理の徹底について
医療用医薬品の適正な流通の確保に係る監視指導の強化について
(平成29年2月16日付通知)



 厚生労働省は、平成29年2月16日付で医薬・生活衛生局総務課長名で、各都道府県等衛生主管部(局)長等宛に、「卸売販売業者及び薬局における記録及び管理の徹底について」を通知しました。
 今般、医薬品の卸売販売業者及び薬局を通じて偽造医薬品が流通し、患者の手に渡る事案が発生しました。この通知は、同様の事案の発生を防止するため、改めて、医療用医薬品の適正な流通確保に係る記録及び管理についての留意事項を整理し、卸売販売業者及び薬局に徹底するよう要請したものです。
 また、同日付で、医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課長名で、各都道府県等衛生主管部(局)長等宛に、「医療用医薬品の適正な流通の確保に係る監視指導の強化について」があわせて通知され、医療用医薬品の卸売販売業者及び薬局に対する監視指導の強化を要請したものです。
 会員におかれましては、別添の通知をご覧いただき、医師、薬剤師等の関係者に情報提供するとともに、医療機関におかれましても十分にご留意くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。











Copyright © JSHP. All rights reserved.