平成29年10月2日
会員 各位

一般社団法人 日本病院薬剤師会



グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル製剤の製造販売後調査及び
適正使用への協力のお願いについて(平成29年9月27日付通知)



 厚生労働省は、平成29年9月27日付で医薬・生活衛生局医薬品審査管理課長から各都道府県衛生主管部(局)長等宛に「グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル製剤の製造販売後調査及び適正使用への協力のお願いについて」を通知しました。
 平成29年9月27日付でグレカプレビル水和物/ピブレンタスビル製剤(販売名:マヴィレット配合錠 製造販売元:アッヴィ合同会社)の「C型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果として、製造販売承認を行いました。
 この通知は、国内のジェノタイプ3のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変患者におけるグレカプレビル水和物/ピブレンタスビル製剤の使用経験が極めて限られており、またジェノタイプ4〜6のC型慢性肝炎又はC 型代償性肝硬変患者に対するグレカプレビル水和物/ピブレンタスビル製剤の使用経験はないことから、これらの患者の情報を可能な限り収集できるよう、医療機関に対し製造販売後調査への協力を要請したものです。
 会員におかれましては、別添の通知をご覧いただき、医師及び薬剤師等の関係者に情報提供するとともに周知していただき、当該医薬品の適正使用に努めてくださいますようお願いいたします。










Copyright © JSHP. All rights reserved.