2019年9月17日
会員 各位


一般社団法人 日本病院薬剤師会
会長 木平 健治
副会長 賀勢 泰子
療養病床委員会
委員長 筒井 由佳




「薬剤管理サマリーの活用状況に関する調査」回答期限延長と調査へのご協力のお願い


 平素より日本病院薬剤師会にご高配を賜り御礼申し上げます。
 さて、標題の調査は、2019年5月31日(金)から2019年7月31日(水)へ回答期限を延長しご協力をお願いして参りましたが、期限までにいただいたご回答は238件(104施設)でした。療養病床委員会では、さらに多くのご施設の情報を把握するために、回答期限を2019年10月7日(月)までとし、引き続き調査を実施することといたしました。
 本調査は、医療連携における情報共有の状況把握のための調査となります。また、地域連携における病院薬剤師の貢献を示す資料としても重要な意味を持っておりますので、薬剤管理サマリー等の情報共有ツールの使用の有無に関わらず、より多くのご協力をお願いいたします。  つきましては、下記の記載要領をご一読いただき、調査票をご記入の上当会事務局(chosa@jshp.or.jp)までお送りください。  ご多用とは存じますが、本調査の趣旨をご理解の上、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。











Copyright © JSHP. All rights reserved.